フィンペシア(プロペシア)はAGAの進行を抑える!

フィンペシア(プロペシア)の有効成分はフィナステリド
AGA(男性型脱毛症)の進行を抑える目的で用いられます。

ここでは、AGAを発症してしまうメカニズムとフィンペシアの働きについて詳しくご紹介。

AGA治療をはじめるにあたって必要な基礎知識を身につけましょう。

AGAになってしまうワケ

AGAは、健康な髪が育つ前に毛母細胞がダメージを受けてしまうことが原因
髪の成長サイクルが乱されてしまい、新しい髪ができあがる前に抜けおちてしまいます。
これが抜け毛・薄毛という症状に。

毛母細胞を攻撃するのはDHT(ジヒドロテストステロン)。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて変性した物質です。

つまりDHTを作らせなければ毛母細胞が傷つくことはなく、髪の成長を妨げることはないということ。

大切なのは、
DHTを生成しない=テストステロンと5αリダクターゼを結合させない

しかし、5αリダクターゼの量や毛母細胞がどのくらいDHTの影響を受けるかというのは個人差大。
体質や遺伝によって左右されることが多く、母方父方を問わず薄毛の親戚がいる場合は要注意!
さらに言えば、5αリダクターゼがよく活動する遺伝子というのは優性遺伝。
「どこが優性か…」と言いたいところですが、ハゲが遺伝するというのは本当なのです。

フィンペシアで抜け毛を予防

抜け毛を防ぐ

AGAは遺伝によるところが大きいですが、だからこそフィナステリドを持つフィンペシアが役に立つのです。

フィナステリドはアメリカにあるメルク社が開発。
AGAの改善に有効な成分として、プロペシアをはじめフィンペシアやプロスカーといったさまざまなジェネリック医薬品に用いられています。

5αリダクターゼには2種類ある

AGAを引き起こす5αリダクターゼには、1型と2型があります。

【1型】
皮脂腺に多く存在している。
側頭部や後頭部など。

【2型】
毛母細胞に多く存在している。
前頭部や頭頂部など。

AGAの原因の多くは2型5αリダクターゼによるものですが、薄毛の範囲や進行具合によっては1型が影響しているケースも。

フィナステリドは2型5αリダクターゼの抑制に有効
おでこの後退や頭のてっぺんの薄さが気になりだした人にピッタリです。

フィンペシアの服用方法は?

フィンペシアは1日1錠服用。

有効成分のフィナステリドの1日の摂取量上限は1mgです。
はじめて服用する際は半分に割って、0.5mgから試してみるのがおススメ。
体調に目立った異変がないことを確認したうえで、1日1錠のペースにすると安心です。

安定した効果を発揮させるために、毎日決まった時刻の服用が推奨されています。
これは血中濃度を一定に保つためで、生活のなかに取り入れやすいタイミングで習慣づけましょう。

効果の感じ方には個人差がありますが、3ヵ月~6ヶ月継続して服用することではじめて変化を実感できると言われています。
数ヵ月で効果が現れないとしても、諦めずに服用を続けてください。

また5αリダクターゼを抑制する作用は、フィナステリドが体内にあるときだけ。
成分が体内からなくなってしまうと、5αリダクターゼは活動をはじめます。
DHTの生成を阻害し続けるためには、コンスタントにフィンペシアを服用しなければいけません。

フィンペシアの服用は、1日1錠、毎日同じタイミングで欠かさずに!と肝に銘じておきましょう。